Home 暗号プロセッサ OpenICF3


ファイルの検証方法

検証できるファイルは、「ファイルを署名する人」のページにしたがって 署名されたファイルです。(株)iCanalのMyNumSignというクライアントソフト(フリーウェア)を使ってファイルを検証します。


MyNumSign(クライアントソフト)のダウンロード

ここからダウンロードします。


有効性確認データのダウンロード

MyNumSignで署名をした人が指定する有効性確認データをここからダウンロードします。
有効性確認データのダウンロードは、必ずこのサイトから毎回、行ってください。 これにより電子証明書が失効しているかどうかを確認できます。


MyNumSign(クライアントソフト)でファイルを検証

検証したいファイルと署名データ(拡張子 .mnsgn)のファイルを同じディレクトリに用意してください。 MyNumSignを起動、検証したいファイルをドラッグ&ドロップします。 検証ボタンを押してください。ファイルを選択する画面がでてくるので指定された有効性確認データを選択してくささい。

MyNumSignで署名した人の証明書が表示されます。発行先のところにマイナンバーカードから転記された名前、生年(オプション)、住所が表示されているので確認します。証明書の上の部分に警告らしきものがありますが、自己署名証明書なので、これで問題ありません。

検証に成功すれば、成功のメッセージがでます。



MyNumSign.exeにはコード署名がついているので確認してからMyNumSignを起動すればより安全です。 (Windows Vistaではコード署名を確認できませんがクライアントソフトを利用することは可能です)

MyNumSign.exeのファイルを右クリック。

デジタル署名タブを選択、署名者 iCanal Inc.をクリック。

「このデジタル署名は問題ありません」を確認。